捻挫 治療

はじめに&回復に必要な基礎情報

 

当サイトをご覧頂きまして、
誠にありがとうございます。

 

サイト管理人の山下と申します。
よろしくお願いいたします。

 

複数の治療院を経営しながら、
自分自身も治療家として活動しています。

 

毎日、多くの方に施術させて頂きますが、
本当に多くの方が体のことで
悩まされています。

 

 

経営をはじめて20年以上経ちますが、
年々、患者さんの数は増え続けています。

 

 

当サイトでは、
さまざまな情報を掲載していくつもりです。

 

一般的に言われていることから、
実際の治療現場でしかわからないような
現場の知識までまとめていこうと思っています。

 

教科書的な情報だけでは、
症状は回復しにくい事が多いです。

 

患者さんの状態は、
人それぞれ異なりますし、
原因も症状も大きく異なります。

 

細かい情報まで掲載していくので、
参考にしていただければと思います。

 

 

 

【サイト管理人】 山下

 

 

※当サイトでは【医療機関へ一回は受診した方】
を対象に情報をまとめていきます。

 

※怪我やスポーツ、日常生活の中で
「痛めた」ものに対して情報をまとめていきます。
病気の方を対象にしておりませんので、ご注意ください。

 

 

 

 

 

 

自己判断はNG。最初は必ず医療機関を受診すること

 

初めて来院された患者さんの中に、
次ようなことをおっしゃる方がいます。

 

 

「ネットで調べて自分で治そうとした」
「雑誌に載っていた情報で改善しようと思った」
と最初から病院に行かない患者さんがいらっしゃいます。

 

 

 

これ、危険ですので止めてください。

 

 

 

 

必ず患者さんに注意しますが、
自己判断は絶対に止めてください。

 

ちょっとした痛み・しびれだと思っていたものが、
実際には、大きな病気の前兆だったり
病気の症状だったりすることがあります。

 

 

何か怪我をしてしまった場合や、
痛みが強く出続けている場合には、
まずは医療機関を受診してください。

 

 

特に、何年か前から症状を繰り返していて、
「今回も同じだろう」と放置するのは
一番危険な行為ですので止めてください。

 

血管・内臓の病気の可能性もありますし、
脳・神経の重篤な病気が潜んでいることもあります。

 

 

僕自身、病院に通院するのが好きではありませんし、
病院嫌いの患者さんの気持ちも理解しています。

 

病院に行っても治らなかったり、
微妙な診察を受けられた経験から
苦手になってしまう方もいると思います。

 

 

でも、症状が出始めた一番最初の段階では、
絶対に自己判断しないで病院へ行ってくださいね。

 

 

 

 

炎症が出ている段階では冷やす。症状が落ち着いたら温める。

 

怪我をした直後、激痛が発生した直後は、
患部に炎症が発生していることが多いです。

 

寝違えやぎっくり腰、
膝の痛みに肘の痛みなど、
炎症はさまざまな痛みと関係します。

 

 

炎症というのは、
ヤケドのような状態です。

 

患部と他の箇所を触り比べてみて、
熱っぽい感じや腫れ(はれ)ている場合、
炎症が発生している可能性が高いです。

 

 

一般的な火傷を温めると、
悪化するのはお分かり頂けると思います。

 

これと同じで、
炎症が発生している部分を温めると、
症状が悪化するので注意してください。

 

 

怪我をした状態の皮膚の下では、
筋肉や血管・リンパ管といった部分に
細かいダメージが入っています。

 

患部が傷ついた状態で温めると、
傷口から血液や水分が滲み出して、
他の健康な細胞を圧迫することがあります。

 

健康な細胞にダメージが広がるほど、
症状も広がってしまうので注意が必要です。

 

 

 

炎症が発生している場合には、
必ず氷水等でアイシングを行って、
患部を冷やすようにしてくださいね。

 

冷湿布だけだとアイシング効果が薄いので、
氷水など本当に冷えるものを使用してください。

 

 

ちなみに、炎症は以下の場合、
強くなると言われています。

 

・怪我の発生直後

 

・スポーツを行った後

 

・完治していない状態で急激に動かした後

 

 

怪我が発生した直後だけでなく、
他にもさまざまな形で炎症が起こります。

 

スポーツを行った後や、
怪我が治っていない段階での日常生活では、
アイシングを心がけるようにしてくださいね。

 

 

炎症がある程度落ち着いてきたら、
入浴などで温めると良いと思います。

 

 

お風呂に入ることと回復の関係性

 

お風呂には、
怪我や痛みを回復させるにあたって
以下のような多くのメリットがあります。

 

・水圧によるマッサージ効果

 

・血流促進、血行改善効果

 

・疲労回復効果

 

・むくみの解消

 

・内臓の働きを助ける

 

・老廃物や疲労物質の除去

 

・自律神経のコントロール

 

・浮力によるカラダの回復効果

 

・睡眠状態の改善による回復力アップ

 

・副交感神経優位によるリラックス効果

 

・温熱効果(温めるのは怪我の回復に最適)

 

上記のいずれもが、
怪我や痛みの回復と関係が深いです。

 

 

ただし「正しい入浴法」で入らないと、
逆効果になる恐れがあります。

 

回復のために行なっていたことが、
回復を遅くしてしまうこともあります。

 

カラダのケアを行う場合、
以下のような点に気をつけてください。

 

 

 

怪我&急激な症状の直後は入浴NG

 

怪我をしてしまった日や、
痛みが急激に出てきた日の夜は、
お風呂には入らないようにしてください。

 

シャワーだけにしてください。

 

 

怪我や急激に痛みが出た直後は、
患部に炎症・熱っぽさが出ています。

 

目で見ることはできませんが、
皮膚の下の血管やリンパ管などに
ダメージが入っているケースが多いです。

 

筋肉や関節の組織にも、
強いダメージが入っています。

 

 

その状態で温めてしまうと、
傷ついた場所から血液・水分が出てきて
周りの細胞にもダメージを与えてしまうんですね。

 

もともと痛みがなかったはずの場所まで、
痛みが広がるケースが多いです。

 

 

怪我の方も疲労の方も、
患部を触って熱くなっている場合は、
シャワーにしておくことをオススメします。

 

疲労だと思っていたものが、
実際には寝違えやぎっくり腰の前兆で、
お風呂に入って悪化したケースは数多くあります。

 

 

カラダが普段と違う感じがする場合は、
お風呂には入浴しないで、
シャワーだけにしておいてくださいね。

 

 

 

入浴中のマッサージはNG

 

入浴中は、
マッサージをしないでください。

 

間違えて覚えている患者さんが
とても多くいらっしゃいますので、
要注意ポイントです!!

 

 

お風呂に入っているだけで、
カラダは水圧を受け続けています。

 

1トン以上もの圧力が、
僕達のカラダに加わると言われています。

 

入浴するだけで、
すでにマッサージされている状態です。

 

 

水圧によるマッサージを受けている状態のところに、
ご自身でマッサージをグイグイと行うと、
筋肉や関節に強い負担を加える可能性があります。

 

もみ返しの原因にもなりますし、
回復の妨げにもなります。

 

実際に、過去の患者さんの中で、
入浴中のセルフマッサージを強く行いすぎて、
症状を悪化させた方は数多くいらっしゃいます。

 

 

「なかなか良くならない」という方ほど、
注意しなければならないポイントです。

 

マッサージは入浴中ではなく、
入浴後に行うようにしてください。

 

 

 

入浴中のストレッチは効果あり

 

入浴中のマッサージはNGですが、
入浴中のストレッチは効果的です。

 

筋肉には、軽く圧迫した状態で動かすと、
性能が高まるという特徴があります。

 

筋肉の柔軟性が増したり、
痛みが消えやすくなったりします。

 

 

最近、スポーツを行う方の間で
「着圧ソックス・タイツ」が流行っていますが、
あれも筋肉の性能を高めるために使用されるものです。

 

 

水圧が加わった状態でストレッチを行うと、
いつも以上に筋肉が柔らかくなります。

 

普段よりも伸ばしやすくなるので、
ストレッチの効果も増します。

 

固まってしまった筋肉や関節の状態を、
ご自身でケアしやすくなります。

 

 

ある程度、症状が落ち着いて、
回復させる段階で行なってください。

 

グイッと反動をつける必要はなく、
ゆっくりと伸ばせる範囲で
ストレッチを行ってくださいね。

 

 

 

高温のお風呂に入るのはNG

 

回復させたい場合には、
高温のお風呂に入るのは止めてください。

 

熱いお風呂に入ると、
血圧が変動しやすくなったり、
心臓や血管に負担が入りやすくなります。

 

血液がドロドロになって
流れが悪くなるとも言われています。

 

 

血行の改善は、
痛みや疲労を回復させるのに
とても重要なポイントになります。

 

血液がドロドロになっていたら、
血行改善どころか
逆向きへと進んでしまいます。

 

 

熱すぎるお風呂には入らず、
38~40℃ほどのぬるめのお風呂に
20分以上浸かることをオススメします。

 

ぬるめのお風呂のほうが、
副交感神経が優位に働き
リラックス効果が高いです。

 

筋肉や関節をリラックスさせたほうが、
回復力は高まりやすいですよ。

 

 

 

シャワーだけでは回復効果が出にくい

 

カラダを回復させたいのであれば、
「シャワーだけで済ます」のは止めてください。

 

「お風呂に入る」ことで、
お風呂の水圧マッサージが加わり、
カラダが回復しやすくなっていきます。

 

怪我した直後はシャワーのほうが良いですが、
回復段階に入ったら、
できるだけお風呂に入ってください。

 

 

昔、夏場になると
回復スピードが落ちる患者さんが
複数名いらっしゃいました。

 

春・秋・冬はすぐに怪我が治るのに、
夏だけは施術効果が薄い患者さんがいました。

 

よく話を聞いてみると、
「夏になって暑いからシャワーだけ」
という患者さんばかりでした。

 

 

「入浴の重要性」を説明して、
お風呂に入ってもらうようにしたところ、
回復スピードがすぐに高まりました。

 

普通に生活していると気づきにくいですが、
お風呂の回復効果はとても高いですよ。

 

医療機関でも「温浴療法」というものがあるくらい、
水圧・温熱を使った治療は重要ですので、
お風呂に入るようにしてくださいね。

 

 

 

入浴前後には【必ず】水を飲むこと

 

入浴の前後には、
必ず水を飲むようにしてください。

 

お茶でもなく、
コーヒーでもなく、
水を飲むようにしてください。

 

 

お風呂に入ると、
汗として水分が排出されます。

 

水分が排出されるほど、
血液中の水分も排出されて、
血液がドロドロになりやすいです。

 

せっかくお風呂に入っても、
水分をしっかりと飲まないと、
血液がドロドロになりやすいです。

 

 

お茶やコーヒー、ジュースなどには、
水以外の邪魔な成分も入っているので、
できるだけ水を飲んでください。

 

アルコールは、
余計に水分を排出させるので、
ケアしたい方は水を飲んでください。

 

水を飲んでいる患者さんほど、
筋肉の質が柔らかいので、
水はしっかりと飲んでくださいね。

 

 

 

睡眠環境を整えることの重要性

 

質の高い睡眠をすることは、
カラダを回復させるために
とても重要なことです。

 

痛めてしまった患者さんからも、
睡眠に関する質問をよく受けます。

 

 

睡眠の質を深めるためには、
睡眠時の環境を整える必要があります。

 

ここでは、身体を回復させるための
睡眠に関する情報をまとめていきます。

 

 

 

睡眠中のサポーター・コルセットの着用はNG

 

眠っている間は、
サポーターやコルセットは
着用しないようにしてください。

 

医療機関で指導された場合は別ですが、
基本的には睡眠時は取り外しておいてください。

 

 

サポーターやコルセットは、
日常生活での動きを制限して、
痛みを起こしにくくするものです。

 

眠っている間は、
そこまで大きく動きませんから、
取り外しておくことをオススメします。

 

 

さらに注意する必要があるのが、
寝ている間にサポーターを着用すると、
汗・熱の放散を邪魔する危険性があることです。

 

サポーターを着用していると、
うまく汗や熱が放散されず、
その場にとどまってしまいます。

 

汗や熱がたまってしまうと、
痛みを増加させる原因にもなります。

 

医療機関での指示がなければ、
サポーターは外して眠ってください。

 

 

 

重たすぎる掛け布団には要注意

 

夏はあまり関係ありませんが、
冬になると掛け布団の枚数が多くなりがちです。

 

毛布の数が増えたり、
掛け布団の数が増えたりすると、
寝ているときにカラダに加わる重みが増加します。

 

重み自体は特に問題ありませんが、
問題なのは「寝返りの制限」を
起こしてしまうことです。

 

 

人間の体というのは、
夜眠っているうちに
ゴロゴロと寝返りをしています。

 

寝返りをうつことによって、
眠っている間に出る汗や熱を
外へ放散させる意味があります。

 

 

寝返りが制限されてしまうと、
汗や熱がカラダに残ってしまい、
痛みを引き起こす原因になります。

 

朝起きて激痛が起きている場合、
寝返りがうまくうてていない可能性もあります。

 

また、寝違えやぎっくり腰など、
怪我の要因にもなりやすいです。

 

 

スムーズに寝返りがうてれば、
体に負担が加わることはありません。

 

重すぎる掛け布団を使っていれば、
スムーズに寝返りをうつことができず、
力を入れて寝返りをうつ必要があります。

 

寝ている間にグキッとスジを伸ばしやすくなり、
結果的に寝違えなどが起こりやすくなります。

 

もともと痛めていた部分を、
さらに痛めてしまうこともあります。

 

 

 

遮光カーテンを使うこと

 

睡眠時には、光が入らないように
遮光カーテンを使用してください。

 

できるだけ光が室内に入らないよう、
遮光カーテンで遮断してください。

 

 

眠っている間に光を感知してしまうと、
熟睡できず回復能力が低下しやすいです。

 

カラダがリラックス状態に入りにくく、
固まった状態になりやすいので
痛みが増強してしまうこともあります。

 

 

部屋の電気を暗くするのはもちろん、
外から入ってくる光をカットする意味でも
遮光カーテンを使用してください。

 

 

 

寝室でスマホやパソコンを使わない

 

寝室でスマホやパソコンは
使用しないようにしてください。

 

睡眠前に強い光を浴びてしまうと、
睡眠に必要な「メラトニン」という
ホルモンの分泌量が低下してしまいます。

 

強い光、特に青っぽい光を浴びていると、
メラトニンの分泌が制限されてしまい、
不眠の原因となります。

 

 

眠りが制限されれば、
体の回復力も落ちてしまいます。

 

痛みを回復させる能力も、
疲労を回復させる能力も、
睡眠不足によって落ちてしまいます。

 

特にスマホを使って調べ物をしたり、
ゲームをするのは避けてください。

 

生活のリズムが狂ってしまい、
回復力も低下しやすいので
注意してくださいね。

 

 

 

睡眠時に使用する時計には、注意が必要

 

部屋の中に時計がある場合は、
時計の種類に注意してください。

 

時計の針が動くたびに
「カチッ」と音がするものは、
睡眠時には適していません。

 

 

音がうるさくて眠れなくなりますし、
深い睡眠の邪魔をすることになります。

 

自分自身では気づかないうちに、
脳が「音」を感知してしまい、
質の高い睡眠を制限してしまいます。

 

とても細かい部分ですが、
こうした部分を修正することで、
質の高い睡眠を行うことができます。

 

 

スイープセコンド方式と呼ばれる
音が鳴らないものを使用してください。

 

以下のようなものです。

 

 

 

 

寝室の温度・湿度を快適なものにする

 

温度や湿度は、
ご自身が快適に眠れるものに設定してください。

 

一般的に出されている数値ではなく、
ご自身が「気持ちいい」と思える数値に
部屋の温度・湿度をコントロールしてください。

 

温度・湿度を変えることを
我慢する必要は一切ありません。

 

 

温度や湿度を不快に感じている段階で、
すでにカラダにも負担が加わっています。

 

うまくコントロールしていかないと、
カラダへの負担がどんどん蓄積していき、
回復能力が低下してしまいます。

 

温度や湿度は、
気持ち良いものに設定してくださいね。

 

 

 

何年も使っている寝具には注意が必要

 

十年近く、同じ寝具を使っている場合、
寝具そのものがヘタってきている可能性があります。

 

どれだけ高性能な布団であったとしても、
どれだけカラダに良い寝具であったとしても、
ヘタってきた寝具はカラダにとって悪影響です。

 

長い間、同じ寝具を使っている場合は、
注意が必要になります。

 

 

特に敷布団・マットレスは、
カラダの重みでヘタりやすいですし、
マットの機能が低下しているケースも多いです。

 

慢性的に痛みが出ていた患者さんが、
マットを新しいものに交換しただけで、
一気に回復するケースも多くあります。

 

「どんな寝具を使っているか?」も重要ですが、
「寝具のヘタリぐらいはどれくらいか?」は
もっともっと重要なことになります。

 

 

カラダや脳を回復させる睡眠のはずなのに、
カラダや脳に負担を与えてしまうきっかけになります。

 

何年も同じものを使って、
寝具がヘタってきている場合は、
新しいものへの交換も検討してみてください。

 

 

 

慢性化した症状と背骨の動きとの関係性

 

以下の動画をご覧ください。

 

 

これは、走っているときに
背骨がどんな感じで動いているかを
目で見てわかるように撮影された動画です。

 

注目していただきたいのは、
1分16秒からの【悪いフォーム】の状態です。

 

 

 

 

 

 

実は、僕たちのカラダというのは、
最初に背骨が動いてから、
末端についている部分が動き出します。

 

例えば腕を動かそうとした場合、
いきなり腕が動いているのではなくて、
最初に背骨が動いているんですね。

 

必ず背骨が最初に動いて、
徐々に腕が動く仕組みになっています。

 

 

 

怪我をしている患者さんや、
何度も怪我が再発してしまう患者さんは、
背骨の動きが極端に悪くなっていることが多いです。

 

1分16秒からの【悪いフォーム】の状態のように、
背骨が極端に動かなくなっていることが多いです。

 

 

 

座り仕事や長時間の立ち仕事を行っていると、
背骨を動かしにくくなってしまいます。

 

背骨をスムーズに動かせないと、
他の部分に無理が加わるようになります。

 

 

 

背骨がスムーズに動かない分だけ、
手足の筋肉や関節が頑張って動くようになり、
極端な負担が加わるようになります。

 

結果的にダメージが蓄積して、
さまざまな症状が起こりやすくなります。

 

 

 

また、背骨には衝撃吸収する役割があって、
いろいろな衝撃を吸収してくれています。

 

立ち上がるときにも、
重たいものを持ち上げるときにも、
仕事をしているときにも衝撃は加わります。

 

それをじっと我慢して吸収するのが
背骨の役割のひとつなのですが、
限界を超えると多くの症状を引き起こしやすくなります。

 

 

 

怪我が治りにくい・再発しやすい患者さんの特徴として、
背骨が極端に制限されているケースがあげられます。

 

何度も症状が出てしまう方、
痛みが抜けにくい方ほど、
背骨のケアを行う必要があります。

 

 

 

以下の様なエクササイズが適していると思います。

 

【キャットエクササイズ】⇒背骨の前後の動きを整える

 

【あべこべ体操】⇒背骨の左右の動きを整える

 

※あくまでも代表的なエクササイズです。

 

※症状が悪化するような場合は、避けてくださいね。

 

 

※当サイトでは【医療機関へ一回は受診した方】
を対象に情報をまとめていきます。

 

※怪我やスポーツ、日常生活の中で
「痛めた」ものに対して情報をまとめていきます。
病気の方を対象にしておりませんので、ご注意ください。

捻挫でお困りのあなたへ