捻挫と股関節の痛みは関係ありますか?

捻挫と股関節の痛みは関係ありますか?

捻挫と股関節の痛みは関係ありますか?

 

股関節を捻挫する場合もありますし、
下半身のねんざが股関節の痛みを引き起こして、
だんだんと症状が出てくることがありますよ。

 

特に足首を捻挫することによって、
そのダメージが上に登って行ってしまい、
強い症状が出てくることがあります。

 

股関節部分に違和感が出てくることもありますし、
歩くときに歩きにくくなることもありますし、
ボキボキと音がなることもあります。

 

足首には、スネやふくらはぎの筋肉が
骨の上を通過している部分があります。

 

足首を捻挫することによって、
スネやふくらはぎの筋肉にダメージが入り、
そのダメージが太腿の筋肉に移動します。

 

太腿の筋肉からダメージが移動し、
股関節の筋肉がパンパンになってしまうと、
股関節の痛みが出てくるようになりますよ。

 

このとき注意しなければならないのが、
股関節の症状は一番最後に出てくるということ。

 

徐々に痛みが登ってくるのではなく、
ある日突然、股関節の痛みだけが
ボコンと飛び出してくるんですね。

 

スネやふくらはぎ、太ももの痛みは、
ほとんど感じることはありません。

 

だから突然股関節が痛くなって、
股関節の治療を受けるようになってしまい、
股関節の検査を受けるようになってしまい、
最終的に治らなくなるんです。

 

股関節の症状ではなくて、
ねんざの症状ですから、
足首を改善する必要があるんです。

 

でも患者さん自身もそんなことは知りませんから、
股関節の治療だけを受けようとウロウロして、
いろいろな病院・接骨院等で治らなくなるんです。

 

原因が足首ですからね。

 

もし足首のねんざをした後に股関節が痛むなら、
下半身全体をしっかり治療してもらってください。

ねんざの痛みでお困りのあなたへ