捻挫では、剥離骨折するのでしょうか?

捻挫では、剥離骨折するのでしょうか?

捻挫では、剥離骨折するのでしょうか?

 

かなり強いダメージの捻挫が起こると、
剥離骨折することがありますよ。

 

剥離骨折は、骨がぐいっと引っ張られて
骨が分離してしまった状態の怪我ですから、
基本的に捻挫と同じ原因で発生することが多いです。

 

足首を強烈にねんざすると、
足の一番外側が剥離骨折します。

 

手首を思い切り捻挫すると、
指のどこかで剥離骨折することがあります。

 

突き指も捻挫の一種ですが、
かなり激しい突き指が起こると、
同時に剥離骨折が発生することもあります。

 

骨は頑丈に出来ていますから、
相当強く引っ張られなければ骨折しません。

 

だから、相当強くひねってしまうと、
捻挫と剥離骨折が同時に起こるんです。

 

ポイントになるのが、
剥離骨折の患者さんは、
必ず捻挫の治療も必要だということ。

 

まずは剥離骨折部分を治療するために、
ギプスや手術でくっつける必要があります。

 

骨がくっついた段階で、
骨折周辺に必ず捻挫した部分があるので、
そこと一緒に治療を行うと回復しやすいです。

 

こうした骨折の後療法(リハビリみたいなもの)と、
捻挫の治療を病院から委託されることも多いので、
いつもしっかりと治療するようにしています。

 

骨折だけ治したとしても、
捻挫した部分が治っていなくて、
症状が残ってしまうケースも多いです。

 

療法の治療を一緒に行ってくれる、
適切な治療を受けることができるといいですね。

ねんざの痛みでお困りのあなたへ