捻挫は、成長期の成長痛なのですか?

捻挫は、成長期の成長痛なのですか?

捻挫は、成長期の成長痛なのですか?

 

捻挫は、成長期に発生する成長痛ではありません。

 

成長痛というのは、
子どもたちがカラダが大きくなるときに、
身体の様々な部分に痛みが出る状態です。

 

子供の成長は、先に骨が伸びて身長が大きくなり、
そのあと筋肉が成長してがっちりしていきます。

 

先に骨が伸びて、
後から筋肉が伸びます。

 

このとき骨の成長が早過ぎると、
筋肉がグイグイ引っ張られるようになり、
骨にくっついている部分にダメージを与えて、
強烈な痛みが起こるようになるんですね。

 

これが成長痛です。

 

捻挫は、関節をひねってしまった怪我ですから、
成長痛とはまったく別の怪我となります。

 

ただし、成長痛が起こっている段階は、
関節が不安定な状態になっているので、
普段よりも捻挫は発生しやすくなりますよ。

 

成長痛が出ているときに、
瞬発的な動きのスポーツを行うと、
結構な頻度で捻挫が起こると思います。

 

患者さんの子どもたちを見ていても、
やはり小学校高学年から中学生あたりで、
成長痛と捻挫は起こりやすくなっていますよ。

 

足首や膝、股関節を捻挫しやすいと思います。

 

それぞれ別の怪我ですし、
本来はまったく異なるタイプの怪我ですが、
お互いに症状を出しあう怪我だと思います。

ねんざの痛みでお困りのあなたへ