捻挫が1年以上続くことはありますか?

捻挫が1年以上続くことはありますか?

捻挫が1年以上続くことはありますか?

 

捻挫の症状が慢性化してしまうと、
1年以上症状が続くことがあります。

 

しっかりと治療しておけば、
正直な所、そんなことにはなりにくいですが、
相当強い捻挫や繰り返し起こることで、
症状が長引くことがあります。

 

捻挫しているときに、
続けて捻挫してしまうと、
相当強い症状が残ることが多いです。

 

患者さんの中にも、他の病院で
一年以上治療を続けていたのに、
症状が抜けきらなかった方がいました。

 

捻挫した部分だけを治療していたので、
それ以外の部位にしこりが残ってしまい、
そこから痛みが出てしまうようになっていました。

 

中には変形性関節症と呼ばれる、
非常に強い症状になっている方もいるので、
病院での治療が必要になりますよ。

 

一つの医療機関を受診するのではなく、
複数の医療機関を受診するといいですね。

 

セカンド・オピニオン、サードオピニオンなど、
複数の病院で検査や治療を受けて、
本当に改善されやすい状況を作るといいですね。

 

慢性化してしまったもの、
変形してしまったものは、
病院での治療が必要になります。

 

手術が選択される場合もありますので、
慎重な行動が必要になりますよ。

捻挫でお困りのあなたへ