捻挫が治りかけのとき気をつけることは?

捻挫が治りかけのとき気をつけることは?

捻挫が治りかけのとき気をつけることは?

 

捻挫が治りかけているときに、
最も注意しなければならないのが、
ストレッチを急激に行うことです。

 

「ストレッチは何でも治る」というイメージで、
グイグイ引き伸ばしてしまう方が多いですが、
逆効果なので止めたほうがいいです。

 

関節を動かしてみたり、
体重をかけた状態で痛みが出なければ、
ストレッチを行っても大丈夫です。

 

ほぼ治っている状態ですし、
ストレッチを加えたとしても、
症状は回復していきます。

 

でも多くの方が、まだ痛みが出ている状態、
体重をかけて痛みが出ているような状態で
ストレッチを行ってしまうんですね。

 

せっかく治りかけていたにも関わらず、
また痛めてしまう患者さん、多いですよ。

 

さらにご注意いただきたいのが、
反動をつけてストレッチを行うことです。

 

「ストレッチ=思い切り伸ばすこと」
というイメージを持たれている方の場合、
反動を使ってグイグイ引き伸ばしていきます。

 

これは、逆効果なだけではなく、
肉離れなど他の怪我を発生させてしまう、
非常に危険な行為ですから止めたほうがいいですよ。

 

思い切りストレッチするほど、
筋肉や関節の組織が伸ばされすぎてしまい、
強いダメージが残ることにつながりますので。

 

良かれと思ってやっていたことが、
実際には逆効果になってしまう行為だった、
というのはよくあることなのでご注意ください。

捻挫でお困りのあなたへ