捻挫はプロスポーツ選手にも発生しますか?

捻挫はプロスポーツ選手にも発生しますか?

捻挫はプロスポーツ選手にも発生しますか?

 

捻挫はプロスポーツ選手にも発生しますよ。

 

プロスポーツ選手はお客さんを優先に考えているので、
お客さんの前では痛みを出さない方が多いです。

 

スポーツ選手が本当に痛がっているとき、
それは大きな怪我をした位だと思います。

 

僕のところにはサッカー選手が多く来てくれますが、
靴下の下はボコボコになっているんですね。

 

すね当てをしているし
スパイクも履いていますから、
怪我をしにくいと思っていました。

 

そんな自分の考え方が馬鹿らしく思えるくらい、
びっくりするくらいボコボコになっています。

 

骨がボコボコになっているというか、
すねの骨が凸凹になっていたりします。

 

当然、激しいスポーツを行なっていれば、
関節にも負担が入って捻挫になり、
慢性的な症状になってしまう方が多いです。

 

怪我をして休めるような環境であれば、
すぐに捻挫も治せると思います。

 

でもプロスポーツ選手の場合は、
チームのことも考えなければならない、
お客さんのことも考えなければならない、
自分の収入のことも考えなければならない、

 

といった「自分以外」のことに集中して、
スポーツを行う必要があります。

 

だから相当痛めていても、
周囲に漏らさないケースも多いです。

 

僕には本音を伝えてくれますが、
監督やチームメイトには情報を漏らさず、
怪我をしていないような形にする人もいます。

 

友人にプロレスラーがいるのですが、
彼はリングの上だと激しい戦いをしています。

 

普通に歩いていますし、
とんでもないような技を繰り出して、
お客さんを毎回盛り上げ続けている選手です。

 

でも、いざリングを降りてみると、
サポーターの下はテーピングでぐるぐる巻き、
常に頑丈な金属入りのサポーターを身につけて、
歩くのも不十分なような状態です。

 

スポーツ選手は、怪我をしにくい人もいますが、
それ以上に怪我を隠している人たちが多いと思います。

ねんざの痛みでお困りのあなたへ