捻挫では、ダイエットしたほうがいいのですか?

捻挫では、ダイエットしたほうがいいのですか?

捻挫では、ダイエットしたほうがいいのですか?

 

体重が重たい方のほうが、
下半身に発生した捻挫のダメージは大きいです。

 

体重が重たいほど衝撃力も上がるので、
同じようにひねったとしても、
ダメージは大きくなってしまうんですね。

 

でもダイエットはしなくても良いと思います。

 

怪我をしたときのダメージは大きくなりますが、
回復能力はあまり変わりませんから、
ダイエットしても、しなくても構いません。

 

再発した時のダメージを防ぎたいのであれば、
ダイエットをオススメしますが、
回復には関係ないですね。

 

気をつけていただきたいのは、
糖尿病の発症です。

 

糖尿病になっている患者さんは、
どの怪我であっても回復が遅いので、
捻挫の場合も回復が遅くなってしまいます。

 

先天性の方は仕方がありませんが、
糖尿病になりかけている状態の方は、
すぐに節制をしたほうがいいと思います。

 

高齢になってまったく治療ができず、
膝や腰の激痛で寝込んでいる方も多く、
こうした情報はニュースなどで出てきません。

 

身近なニュースで取り上げられれば、
「節制しよう」と思う方も出てくるでしょうが、
隠されているために表に出てくることはありません。

 

糖尿病の患者さんの末期というか、
高齢になったときの状態はひどいですから、
捻挫にかかわらずその点は注意して欲しいと思います。

捻挫でお困りのあなたへ