捻挫と歩き方は関係ありますか?

捻挫と歩き方は関係ありますか?

捻挫と歩き方は関係ありますか?

 

歩き方が変わっている患者さんほど、
捻挫は悪化する可能性があります。

 

捻挫が発生する可能性も高くなるし、
症状が強くなってしまう可能性もあるし、
歩き方は非常に重要なポイントとなります。

 

歩き方というのは、
誰もが習うものではないですよね。

 

赤ちゃんの段階から徐々に成長して、
立ち上がることができるようになり、
ヨタヨタ歩きができるようになり、
徐々に歩けるようになります。

 

だからその人の個性が出ます。
体型・体格によって、確実に変化します。

 

だから、自分自身の歩き方が普通である、
自分自身の歩き方が標準である、
と無意識のうちに考えています。

 

そもそも歩き方を考えてもいないでしょうし、
まったく意識したことも無いと思います。

 

何度も繰り返し足首を捻挫する人ほど、
何をやってもねんざが回復しない人ほど、
歩き方が変になっているので注意してください。

 

最近では、オーダーメイドの靴を作ってくれる、
医学的な靴屋さんが増えてきていますが、
そうしたところでチェックしてもらう必要があります。

 

動画を見て治せるものではありませんし、
文章を見て治すこともできません。

 

雑誌などに載っている情報を見たとしても、
歩き方を改善できることは難しいですね。

 

一度、プロの歩き方診断士にチェックしてもらって、
歩き方の修正をしてもらうといいですよ。

捻挫でお困りのあなたへ