捻挫の前兆はありますか?

捻挫の前兆はありますか?

捻挫の前兆はありますか?

 

足首や下半身の捻挫に限ったことですが、
前兆としてコケやすくなることがあります。

 

転倒しやすくなる、
と書いたほうがわかりやすいでしょうか?

 

なんだかわからないけどコケやすくなる、
ちょっとした段差で躓くようになる、
何かわからないけど階段で不安定になった、
こんなときに捻挫が起こりやすいですね。

 

子どもたちには起こりにくいですが、
大人には結構な頻度で発生する前兆です。

 

前兆として捉えている方が少ないので、
関係があると理解している方はほぼいません。

 

でも、よくよく患者さんのお話を聞いてみると、
「捻挫する前につまづきやすくなった」
という声を聞くことが多いです。

 

中年以降の方ですと、
この傾向が顕著に現れます。

 

運動不足だったり、
筋力不足が起こることで、
足をあげる筋肉が低下してきます。

 

普通に歩いているつもりなのに、
普通に行動しているつもりなのに、
筋力の低下によってつまづきやすくなります。

 

躓きやすくなればなるほど、
自然と怪我するリスクは高まります。

 

また転倒することによって、
手首や肘なども捻挫することになりますから、
全身の捻挫の前兆になるとも言えますね。

 

コケやすくなった方は要注意ですし、
筋トレなどで転倒を予防して、
しっかりとケアしていく必要がありますよ。

捻挫でお困りのあなたへ