捻挫に湿布は有効でしょうか?温湿布でしょうか?

捻挫に湿布は有効でしょうか?温湿布でしょうか?

捻挫に湿布は有効でしょうか?温湿布でしょうか?

 

ねんざが発生した場合には、
冷湿布を使用するといいですね。

 

ねんざの発生直後から冷湿布が適していて、
痛みを回復するのに効果的です。

 

僕の接骨院では冷湿布しか使わず、
温湿布はほぼ使うことがありません。

 

患者さんの強い要望があれば、
温湿布を使用する場合がありますが、
過去に1名しかその状況はありませんでした。

 

温湿布はかぶれが出やすいものですし、
治療効果は冷湿布と変化がありませんから、
どちらを使用してもいいと思います。

 

冷湿布も温湿布も、
温度を上げ下げするものではないので、
本来はどちらを選択しても問題無いです。

 

でも皮膚への負担を考えた場合、
冷湿布のほうが適していますね。

 

ベージュ色したシップは、
僕の接骨院では使用していません。

 

治療効果が高いと言われている割に、
患者さんの評判が非常に悪く、
しかもかぶれやすいという特徴があります。

 

ロキソニンテープなどですね。

 

かぶれてしまうと何も治療できないし、
痛みがまったく回復しませんから、
あまりおすすめできないシップです。

 

副作用があまりにも強いものもあり、
直射日光に当てると皮膚病になってしまい、
とんでもない状況になるタイプも有ります。

 

シップを使用する際には、
気をつけなければならない部分です。

ねんざの痛みでお困りのあなたへ