捻挫は慢性になるのでしょうか?

捻挫は慢性になるのでしょうか?

捻挫は慢性になるのでしょうか?

 

捻挫は慢性化することがありますよ。

 

何度も同じ箇所を繰り返し捻挫していると、
自然に慢性化してしまうことが多いです。

 

何もしていないのに痛みが出てしまったり、
ちょっと動かすとゴリゴリ音が鳴ったり、
歩くだけで制限が出るような症状です。

 

友人にも何十回も捻挫したことによって、
完全に関節がぼろぼろになった子がいます。

 

実際に障害が発生してしまって
障害者手帳を持っています。

 

何級だったかは忘れてしまいましたが、
強烈な負担が足首に加わっていて、
障害が発生しています。

 

ここまでひどい慢性化は少ないかもしれませんが、
少なからず繰り返し怪我をしてしまうことによって
慢性化する可能性はあります。

 

慢性化すると捻挫が起こりやすくなり、
捻挫が何度も起これば慢性化してしまう、
というスパイラルに陥ってしまいます。

 

慢性化をストップさせるには、
慢性化を予防することが重要です。

 

捻挫が起こりにくい環境を作ること、
捻挫を出来るだけ発生させにくい状態を作ること、
これがとても重要になってきます。

 

サポーターをつけて固定したり、
身体に適した靴をはくようにしたり、
バンテージでガッチリ固定するなどが必要です。

 

怪我をした直後が、
もっとも再発しやすい段階なので、
しっかりと予防していくことが重要です。

ねんざの痛みでお困りのあなたへ