捻挫にキネシオテーピングは有効でしょうか?

捻挫にキネシオテーピングは有効でしょうか?

捻挫にキネシオテーピングは有効でしょうか?

 

キネシオテーピングを有効活用すると、
ねんざが回復しやすくなりますよ。

 

急激な症状が出ている段階では、
キネシオテーピングより固定力の強い、
バンテージやホワイトテープで固定したほうがいいです。

 

初期の頃は、関節がグラグラになっていますので、
しっかりと固定したほうが回復しやすくなります。

 

キネシオテープは、動かしながら固定するタイプ、
動きのある状態で固定するテープですから、
若干固定力が低くなっています。

 

本来、ガッチリ固定するためのテープではなく、
筋肉の能力を高めたり、動きやすくするためのテープなので、
固定能力はそこまで高いものではないんですね。

 

ある程度症状が回復してきて、
動かしてもいい状態になってきたら
キネシオテープで固めると良いと思います。

 

スポーツの中で回復させるのであれば、
キネシオテープのように柔軟性があって
伸びのあるテープのほうが効果は高いです。

 

何でもかんでもキネシオテープが有効ではなく、
用途・役割によって使い分ける必要があります。

 

また少し難しい部分ですが、
テープによって固定力が異なり、
症状に合わせて選ぶ必要があるんですね。

 

キネシオテープと同じ形をしているのに、
あるものはガッチリとした固定力があるもの、
あるものは伸びが非常に強いものなど区別されています。

 

有効な手段にもなりますが、
逆効果になってしまうこともあります。

 

ご自身で選ぶより、スポーツ医学の知識が豊富な
スポーツドクターや接骨院の先生に聞くといいですね。

ねんざの痛みでお困りのあなたへ