捻挫を予防するには、どうすれば良いですか?

捻挫を予防するには、どうすれば良いですか?

捻挫を予防するには、どうすれば良いですか?

 

ねんざを予防するために、
一般的に言われているのが、
筋肉をトレーニングすることです。

 

確かに筋トレを行うことによって、
関節の安定性は増しますから、
とりあえずは行っていただきたいと思います。

 

でも、もし足首や膝を何度も捻挫する、
股関節を何度もひねってしまうような方は、
筋トレだけではほぼ意味がありません。

 

おそらく筋肉の存在は、
一般の方でもご存知だと思います。

 

筋トレをすれば筋肉が強くなって、
太く逞しくなっていくイメージというのは、
きっと掴んでいただけると思うんですよ。

 

でもセンサーのことは、
おそらく知らない方が多いと思います。

 

関節がどのようなポジションになっているのか、
ぐらついていないか、グラつきを防げるのか、
というのを常に監視しているセンサーが存在します。

 

皮膚や筋肉の中に存在していて、
バランストレーニングを行うことによって、
初めてその能力が鍛えられるんですね。

 

どれだけ筋トレを行っても、
どれだけストレッチを行っても、
センサーの能力は上がりません。

 

不安定な場所にわざと立って、
不安定な場所でわざと運動することで、
センサーの能力は鍛えられます。

 

下半身のねんざに限ってしまうのですが、
もし捻挫を予防したいと考えているなら、
不安定な砂場で足踏みなどを行うといいですね。

 

もしくは集めのクッションの上で、
目をつぶって片足立ちを行ったりすると、
非常にいいセンサーのトレーニングになります。

 

これが捻挫の本当の予防法だと僕は思います。

ねんざの痛みでお困りのあなたへ