捻挫は、ふくらはぎの筋肉と関係ありますか?

捻挫は、ふくらはぎの筋肉と関係ありますか?

捻挫は、ふくらはぎの筋肉と関係ありますか?

 

捻挫は、ふくらはぎの筋肉と関係ありますよ。

 

ふくらはぎの筋肉は、
アキレス腱と合体して、
カカトから足の裏側にくっつきます。

 

足首の捻挫をしてしまえば、
関節だけでなく周囲にもダメージが広がるので、
自然にふくらはぎに痛みが出ることがあります。

 

足首の痛みが消えたと思ったら、
次は、ふくらはぎに痛みが出てきた、
という患者さんも多いです。

 

足首をねんざしてしまうと、
体のバランスが崩れて、後ろ側重心、
背中のほうに重心が崩れるようになります。

 

後ろに傾きすぎてしまうと、
転倒を防ぐために腰の筋肉や
ふくらはぎの筋肉が頑張りだします。

 

足首のダメージが広がってくるのと同時に、
バランスの崩れを立て直すために動き出すので、
ふくらはぎに相当強いダメージが入ることが多いです。

 

放置しておくと、怪我の回復が遅くなったり、
他の部分の痛み、例えば膝や股関節など、
ふくらはぎに近い関節に痛みが出るようになります。

 

足首をねんざした場合には、
間違いなく周辺の筋肉を治療することが重要です。

 

しっかりと治療をしておかなければ、
しっかりと回復させておかなければ、
再発の可能性も高いですからね。

 

怪我をした初期の段階では、
安静固定が重要になりますが、
回復段階では、ふくらはぎに対して、
マッサージやストレッチなども有効です。

 

とても重要な場所ですから、
しっかりケアしておいてくださいね。

捻挫でお困りのあなたへ