捻挫の症状は何がありますか?

捻挫の症状は何がありますか?

捻挫の症状は何がありますか?

 

捻挫の症状には、以下の様なものがあります。

 

■伸ばすと痛い
筋肉や関節を伸ばすと痛みが出ます。

 

他の怪我と比較しても、
伸ばした時の痛みが強烈で、
かなり強い痛みが出ることが多いです。

 

そもそも捻挫が伸ばされたことで発生する怪我なので、
それを再現するような動きを行なってしまうと、
症状が強く出てきます。

 

 

■腫れる
患部がポコっと腫れます。

 

たんこぶのように腫れるのが骨折の特徴で、
捻挫の場合は、全体的にじんわりと腫れます。

 

足首をひねったとしたら、
足首周辺だけでなくて、
足の指先まで腫れることもあります。

 

二・三日すると内出血の跡が見られますが、
捻挫の場合は、あまり痛みとは比例しません。

 

どす黒く気持ち悪い色をしていても、
痛みが出ない患者さんも多いです。

 

 

■関節が緩む
捻挫をした部分は、関節が引き伸ばされているので、
固定しておかないと再発することが多いです。

 

包帯固定でも大丈夫ですから、
ひねった1周間以内程度は、
しっかりと固定したほうがいいですね。

 

捻挫によって関節が緩んで、
緩んだ関節を再びひねって捻挫が発生、
というスパイラルが多く発生します。

 

足首を怪我した患者さんに特に起こるので、
要注意の部分だと思います。

 

 

この3つが捻挫の症状の特徴です。

捻挫でお困りのあなたへ