捻挫に、痛み止めの飲み薬は有効ですか?

捻挫に、痛み止めの飲み薬は有効ですか?

捻挫に、痛み止めの飲み薬は有効ですか?

 

ねんざの症状を消すのに痛み止めは有効ですが、
ねんざそのものを回復させるのには向いていません。

 

痛みを止めているうちに何を行うか、
痛みを止めているうちにどれくらい回復するか、
というのが重要なポイントになります。

 

ねんざの痛みは強いことが多いですから、
あまりにも強い場合には痛み止めが処方されます。

 

名前の通り、痛みを止める薬ですから、
ただ単に痛みを止めているだけなんですね。

 

痛みを根本から消しているのではなくて、
痛みの情報が脳に伝わらないようにするものや、
痛みを身体が感じにくく麻痺させるものが多いです。

 

薬というと「原因を消す」イメージを持たれる方もいますが、
痛み止めに限っては「症状をごまかす」お薬です。

 

症状をごまかしている間に、
ご自身の回復能力を高めたり、
接骨院や病院で治療することが重要です。

 

痛み止めを飲んでいれば、
確かに痛みは消えていきますが、
飲まなくなれば、再び痛みは出てきます。

 

回復能力が高い方、症状が軽かった方は、
痛み止めを飲んでいる間に勝手に治ります。

 

でも症状が重たい方や、回復が遅い患者さんは、
どれだけ痛み止めを飲んだとしても、
いつまでも何度も症状が再発してきます。

 

だって、原因は残っているんですからね。

 

痛み止めを飲むことも重要だと思いますが、
それ以上に「飲んでいる間に何の治療を受けるか?」
が非常に重要なポイントになってきますよ。

ねんざの痛みでお困りのあなたへ