捻挫は、エアロビクスでも発生しますか?

捻挫は、エアロビクスでも発生しますか?

捻挫は、エアロビクスでも発生しますか?

 

エアロビクスで痛めて来院される
患者さんが非常に多いですよ。

 

初心者の方というよりも、
中上級者の方に多く発生します。

 

ジャンプの着地の際や、
サイドステップを行うことで、
足首の負担が出てきてしまいます。

 

動かしながら回復させるために、
テーピングが必要になりますが、
ホワイトテープやキネシオだと
効果が薄い場合が多いですよ。

 

Dフレックスというテープがあるので、
そちらを利用した方がいいと思います。

 

エアロビクスは、特に同じ動作を繰り返しますし、
負担がかかりやすいスポーツなんですね。

 

普通のテーピングだと効果が薄い場合もあり、
痛みが続いてしまう患者さんが多いので、
より固定力のあるテープのほうがいいと思います。

 

スポーツの動きに合わせて
テーピングの種類を変える必要があります。

 

スポーツジムで行っている方も、
競技としてエアロビクスを行っている方も、
怪我のダメージは大きい場合が多いですよ。

 

ステップ台を使用する場合も、
転倒するケースが多いですから、
十分に注意して頂きたいと思います。

 

色々なスポーツがありますが、
エアロビクスは本当に怪我が多いので、
気をつけていただきたいと思います。

ねんざの痛みでお困りのあなたへ