捻挫のときテニスはやってもいいですか?

捻挫のときテニスはやってもいいですか?

捻挫のときテニスはやってもいいですか?

 

捻挫が発生した時は、テニスは行わないほうがいいです。

 

テニスは前後左右に動き続けますから、
一気に痛みが増幅する可能性が高いです。

 

ハードコートの場合は、
ストップする瞬間に強烈な負担が入り、
下半身に相当なダメージを与えてしまいます。

 

オムニコートの場合は、
急にストップしてしまうようなことはないですが、
滑った瞬間に関節が引き伸ばされる可能性が高いです。

 

コートの種類によってもダメージが変化しますし、
相当強い痛みの原因になることも多いです。

 

ある程度痛みが引いてからであれば、
テニスを行なっても大丈夫ですが、
必ずサポーターをつけるようにしてください。

 

健康なときには、まず気づくことはありませんが、
テニスは相当負担の強いスポーツです。

 

特にハードコートで練習している方は、
地面からの衝撃も跳ね返ってきますから、
靴の中にインソールを入れることも重要です。

 

地面の衝撃が強すぎることで、
捻挫している部分にダメージが入り、
いつまでたっても治らないケースがあります。

 

捻挫そのものは治っているのに、
捻挫の腫れは消えているにも関わらず、
痛みだけが残ってしまう不思議な状態になります。

 

サポーターやインソールなど、
有効な道具を積極的に使ってもらえば、
しっかりと回復するようになりますよ。

ねんざの痛みでお困りのあなたへ