捻挫は、サッカーで起こりますか?

捻挫は、サッカーで起こりますか?

捻挫は、サッカーで起こりますか?

 

捻挫はサッカーで発生することが多いですね。

 

僕の患者さんには、プロサッカー選手が
数多く来てくれていますから、
どんな怪我が多いかよく分かっています。

 

サッカー選手の捻挫は、
やはり下半身・足首や膝に多いですね。

 

股関節を痛めてしまう患者さんも多く、
股関節の捻挫が発生することも多いです。

 

重要になってくるのが、
腰から下の全てを治療すること。

 

サッカー選手の場合は、
特に長時間にわたって広いコートを走り続けて、
ダッシュとランニングを繰り返しますよね。

 

これによって腰から下に、
かなりの負担が入りますから、
それを放置しておくことで捻挫につながります。

 

「グキッとひねってしまう」ことと
「腰から下の負担」は、関係なさそうですが、
実際には大きな関係があるんですよ。

 

カラダの負担や疲労感が大きくなるほど、
カラダの反射神経が低下してしまって、
怪我の発生リスクが高くなるんですね。

 

本当なら、怪我をしないような状況のはずなのに、
疲労感が溜まっていることで、反応が鈍ってしまい、
ちょっとした動きでねんざしてしまうんです。

 

相手に衝突された場合は別ですが、
疲れがたまっていて地面を蹴りこんだ瞬間、
グキッとひねってしまう患者さんが多いですね。

 

あとボールの上に足が乗っかって、
そのまま捻挫してしまう方も多いですが、
これも疲労が原因になっていることがあります。

 

反応がしっかりできていれば、
ボールの上に乗っかることは少ないですからね。

 

Jリーガーの患者さんたちは、
体のケアがされていて疲労感も少なめなので、
こうした細かいミスの捻挫は発生が少ないです。

 

でも、中高生の患者さんや社会人サッカーの方は、
体のケアが不十分で、かつ勉強や仕事の疲労を抱えたまま、
サッカーに取り組むことで、細かい捻挫が起こっています。

 

捻挫を回復させることと同様に、
疲労を回復させることも重要ですよ。

捻挫でお困りのあなたへ