捻挫のとき、ダンスはやってもいいですか?

捻挫のとき、ダンスはやってもいいですか?

捻挫のとき、ダンスはやってもいいですか?

 

捻挫が発生しているときは、
ダンスは少し休んだほうがいいです。

 

軽めのステップのものであれば、
やっても問題がありませんが、
踏み込んで痛い場合はストップですね。

 

僕のところにはダンスの先生がたくさん来てくれるので、
どのようなことで悩んでいるかをよく分かっています。

 

ジャズダンスや裸足で行うようなダンスでは、
足の甲にダメージが入ったり、足首を捻りやすいですね。

 

ブレイクダンスの先生たちは、
下半身のダメージだけではなくて、
手をついた瞬間に手首を痛めるケースが多いです。

 

相当ひどい症状になってしまい、
手術している患者さんも多いです。

 

ダンスはレベルアップするごとに、
相当激しい動きになっていきますから、
ケアをしっかり行うことが重要です。

 

「怪我を完全に防ぐ」というのは難しいので、
怪我をしにくい環境づくりを行うこと、
怪我を早急に回復させることが重要です。

 

一流のパフォーマーになると、
数えきれないくらい怪我をされています。

 

怪我をしにくいカラダをしているはずなのに、
他の誰よりも怪我をしている方が多いです。

 

僕がダンスの先生の治療を行うときに、
最も重要視しているのが、
お尻の治療を必ず行うことです。

 

手首や肘、足首など、
どの部分を捻挫したとしても、
必ずお尻から股関節にダメージが入ります。

 

相当強い衝撃を加えるスポーツですから、
お尻周りにかなり負担が入っていますよ。

 

お尻のストレッチも重要になってきます。

捻挫でお困りのあなたへ