捻挫は、運動してないほうが治りやすいですか?

捻挫は、運動してないほうが治りやすいですか?

捻挫は、運動してないほうが治りやすいですか?

 

ねんざは、運動していないほうが治りやすいです。

 

身体中に捻挫は起こりますが、
下半身に発生した場合は、
特に運動しないほうがいいです。

 

痛みが回復しないだけでなく、
再発する可能性が高いです。

 

関節を捻挫してしまった場合、
関節は緩んでいることが多いです。

 

関節を固定しておく組織にダメージが入るので、
本来ガッチリ固定している部分が伸びきって、
関節がぐらついていることが多いです。

 

軽い捻挫でもぐらつきますし、
重度の捻挫では確実にぐらつきます。

 

この状態で仮にスポーツができたとしても、
再び捻挫が発生する可能性が高いです。

 

どうしてもスポーツを行う必要がある場合は、
必ずサポーターを着用するようにして、
関節を固定する必要がありますよ。

 

伸びきってしまった組織の代わりに、
サポーターを使用する必要があります。

 

捻挫ほどサポーターが効く怪我はありません。

 

サポーターを着用するだけで、
どんどん回復していくことも多いので、
捻挫の患者さんにはサポーターは必須です。

 

できるだけ運動は行わないこと、
もし行うならサポーターを使用すること、
これが回復スピードを上げるポイントです。

ねんざの痛みでお困りのあなたへ