捻挫と筋力不足は関係ありますか?

捻挫と筋力不足は関係ありますか?

捻挫と筋力不足は関係ありますか?

 

筋力不足があまりにもひどいと、
捻挫しやすくなってしまいますよ。

 

患者さんがおっしゃるようなレベル、
「私って運動不足だから筋肉がない」
というレベルでは、この現象は起こりにくいです。

 

運動不足で筋肉が落ちているといっても、
歩けないレベル、立ち上がれないレベルではないので、
ねんざを何度も繰り返すことは少ないです。

 

仮に運動不足でねんざが再発している患者さんは、
バランスを保つ能力が低下している可能性が高いです。

 

目をつぶって片足立ちができない場合、
身体をまっすぐに保つための能力、
バランス能力が激減している可能性が高いです。

 

僕が言いたい筋力不足の患者さんのレベルは、
ギプス固定をされていた方、入院生活が長かった方、
病的に筋肉が落ちてしまっている方のことです。

 

誰が見ても筋力不足だとわかる方、
ふらついてしまっているような状態の方、
こうした方は、ねんざが起こりやすいですよ。

 

病院でリハビリは行ってくれると思いますが、
リハビリをしっかりと行わなかった場合、
後遺症としてねんざが起こりやすくなります。

 

特に、すねの筋肉に障害が発生している場合、
歩くたびに地面に引っかかりやすくなるので、
足首や膝を捻挫しやすくなります。

 

スネやふくらはぎのトレーニングが、
下半身のねんざ予防につながりますし、

 

下半身が安定することで転倒しにくくなり、
手首や肘など上半身のケガ予防にもつながります。

 

まずい状態の方は、
しっかりトレーニングしてみてください。

ねんざの痛みでお困りのあなたへ