捻挫に筋トレ・トレーニングは有効ですか?

捻挫に筋トレ・トレーニングは有効ですか?

捻挫に筋トレ・トレーニングは有効ですか?

 

捻挫のリハビリとして筋トレは有効です。

 

ただし、必ず痛みが消えてから行ってください。

 

骨折のリハビリでは、ギプスを外した直後、
痛みがあっても動かすことがほとんどです。

 

関節が固まった状態ですから、
固まりをほぐすために動かしていって、
できるだけ早いスピードで動けるようにしていきます。

 

一方、捻挫では、関節が緩んだ状態ですから、
最初から動かしてしまうと緩みがひどくなり、
症状が慢性化する可能性が出てきます。

 

肩こりや腰痛の「慢性です」みたいなレベルでなく、
見た目も変形するし、動くたびに痛みが出るし、
しかもこれが一生続く「本当の慢性化」が起こります。

 

最初は絶対に動かしてはいけません。

 

痛みがとれて、包帯やバンテージが必要でない段階で、
トレーニングを開始してくことが重要です。

 

このとき、患部周辺のトレーニングだけ行うと、
体のバランスが崩れて腰痛などの原因になります。

 

足首を捻挫したとしたら、
ランジと呼ばれる下半身全体のトレーニング、
軽めのジャンプを行っていくといいですね。

 

また、一般的な筋力トレーニングだけでなく、
不安定な場所・バランスの取りにくい場所にわざと立って、
バランスを鍛えるトレーニングも必要になってきます。

 

筋力とバランスを保持する能力は別物ですから、
両方のトレーニングを行う必要があります。

ねんざの痛みでお困りのあなたへ