捻挫のとき、どんなランニングシューズ・靴を履けばいいですか?

捻挫のとき、どんなランニングシューズ・靴を履けばいいですか?

捻挫のとき、どんなランニングシューズ・靴を履けばいいですか?

 

足首をねんざした後、
競技復帰するのであれば、
靴はとても重要なポイントになります。

 

まず、怪我が回復した段階であっても、
腫れは残っている事が多いですから、
靴紐の調整を行ってください。

 

怪我をする前の強さでヒモを縛ると、
圧迫されすぎて痛みが出てくることがあるので、
足首にフィットする感じの強さで巻いてください。

 

徐々に腫れが引いてきますから、
それに合わせて靴紐も締めていってください。

 

もし何度も繰り返し捻挫が発生するなら、
シューズが関係している場合も多いです。

 

靴を変えることで、
一気に捻挫しにくくなることもあります。

 

まず、スポーツ専用の靴を使用すること、
そしてレベルに合った靴を使用することが重要です。

 

たとえば、バレーボールをやっているのに、
ランニングシューズやウォーキングシューズを使うと、
カラダに大ダメージが入ることがあります。

 

バレーは前傾姿勢ですから、
前側重心用に靴が作られています。

 

親指の部分でストップができるよう、
親指部分にクッションが入っています。

 

ランニングシューズやウォーキングシューズは、
カカトから着地する方が多いので、
カカトに重心が置かれています。

 

前後の重心の違いによって、
スポーツの中で動きがおかしくなって、
結果的に怪我につながることも多いです。

 

また初心者用と上級者用のものでは、
靴の作りがまったく違います。

 

上級者になればなるほど、
怪我をしにくい動き方になるので、
靴のクッション性も少なく軽量なものが多いです。

 

これをいきなり初心者の方が使用すると、
間違いなくケガのもとになります。

 

こうした細かい部分をしっかりと調べる、
分からなければシューフィッターの方に、
必ず状況を確認していってください。

捻挫でお困りのあなたへ