捻挫に似た症状の怪我はありますか?

捻挫に似た症状の怪我はありますか?

捻挫に似た症状の怪我はありますか?

 

捻挫の症状に似たものとしてあげられるのが、
慢性関節リウマチと呼ばれる病気です。

 

怪我ではなく病気に当てはまるものですが、
症状の出方が似ているので気をつけたほうがいいです。

 

患者さんの中にも、たまにリウマチを発症していて、
患者さん自身が気づいておらず、
僕に指摘されて病院に行くケースもあります。

 

捻挫したときのように患部が腫れて、
強烈な痛みを引き起こすようになり、
動かすたびにゴリゴリなったりします。

 

最初は違和感がある程度ですが、
知らないうちに腫れてきます。

 

多くの患者さんが、朝起きた瞬間に
手の部分に何か違和感を感じるようになり、
その後、全身のいろいろな部分に痛みを感じます。

 

腰に痛みを出すこともあるので、
ぎっくり腰と間違えられることもあります。

 

昔は治すのが難しい病気でしたが、
現在では、かなり治療方法が進化していて、
症状を抑えることができているようです。

 

リウマチが発症した患者さんの多くが、
薬によって症状が消えていることが多いです。

 

しかも症状が進行することなく、
ある一定レベルで止まっているので、
変形などが起こっている方も少ないです。

 

僕が修行していた20年ほど前は、
かなり変形していた方も多いですが、
今は変形された方は少なく感じます。

 

一番初めに変形を見たときには、
かなり驚いた記憶がありますので、
ご注意ください。

捻挫でお困りのあなたへ