捻挫は腰痛と関係ありますか?

捻挫は腰痛と関係ありますか?

捻挫は腰痛と関係ありますか?

 

ねんざは腰痛と関係がありますよ。

 

ねんざの症状を放置してしまうことで、
腰痛が発生することがあります。

 

そもそも、
ぎっくり腰は医学の正式名称では、
「腰の捻挫」なんですね。

 

腰の部分を思い切りひねったことで、
強烈な痛みを出すのがぎっくり腰です。

 

直接的に痛みを出すぎっくり腰だけでなく、
足首や膝を捻挫することによって、
そのダメージが腰に伝わることも多いです。

 

下半身をひねると、
下半身の筋肉バランスが崩れて、
健康な状態とは異なる動きをするようになります。

 

カラダをコントロールする、
筋肉の本拠地は腰に存在するので、
バランスの崩れが腰にダメージを与えます。

 

腰の筋肉も崩れたバランスを元に戻そうと、
一生懸命、頑張って動き出すのですが、
あまりにもバランスが崩れると疲労困憊になります。

 

どうにかして元通りにしたいのに、
捻挫の痛みが蓄積してしまうことにより、
かなり強い腰痛へ移行することが多いです。

 

治療家の中には、手首や足首を治療することで、
腰痛を改善する先生もいらっしゃるくらいです。

 

腰に一切触らなくても、
腰の治療を一切行わなくても、
手足を治療することで痛みを取ります。

 

痛みは、本当の原因は遠く離れているケースも多いので、
しっかりとした治療家のもとで治療を受けてくださいね。

捻挫でお困りのあなたへ