捻挫と偏平足は関係ありますか?

捻挫と偏平足は関係ありますか?

捻挫と偏平足は関係ありますか?

 

足首が捻挫してしまうと、
足首に関係した筋肉が緩んでしまい、
自動的に偏平足になることがあります。

 

足の裏側の筋肉にもダメージが入って、
能力が急激に低下してしまって、
足のアーチを作ることができなくなってしまいます。

 

偏平足になると、捻挫は回復しにくいです。

 

足のアーチは、僕達が歩くとき、
ジャンプをする時、階段を登るときなどに発生する、
様々な衝撃を吸収するクッションの役割をしています。

 

足のアーチが存在することで、
普通の生活ができているんですね。

 

怪我などで偏平足になってしまうと、
普通に生活していても衝撃吸収できなくなり、
さまざまな弊害が発生するようになりますよ。

 

捻挫が偏平足を悪化させてしまって、
偏平足が捻挫のダメージを大きくしてしまう、
という強烈なスパイラルが発生してしまいます。

 

足首の捻挫が慢性化してしまうと、
足のアーチが低下することが多いですね。

 

偏平足になればなるほど、
症状はいつまでたっても回復しにくくなるので、
しっかりと回復させてしまう必要があります。

 

特にスネやふくらはぎの筋肉が緩んでしまって、
自然に偏平足になっている可能性がありますから、
スネやふくらはぎをしっかりと回復させる必要があります。

 

偏平足を放置しておくと、
捻挫が回復しないだけではなく、
腰痛などの原因にもなるので要注意です。

捻挫でお困りのあなたへ