捻挫と外反母趾は関係ありますか?

捻挫と外反母趾は関係ありますか?

捻挫と外反母趾は関係ありますか?

 

足首の捻挫と外反母趾は、
とても深い関係性がありますよ。

 

足首を捻挫すると、
足のアーチ(足の裏側・土踏まず)が
一気に消えてしまうことがあります。

 

俗にいう偏平足になります。

 

偏平足になってしまうと、
土踏まずが無くなるだけではなくて、
足の横幅も広がるようになるんですね。

 

足全体がグデっとなるというか、
力が抜けてしまうような状態なので、
横にもダランと広がっていきます。

 

すると自然に靴がきつくなります。

 

靴がなんだかきつくなったな〜〜、
と思える方は靴紐をゆるめてくれますが、
ほとんどの方は、そのままの靴を履き続けます。

 

そもそも偏平足に気づいていませんし、
横幅が広くなったことにも気づきません。

 

靴の中でだらんと広がった足は行き場を失い、
どうにかして靴の中に収まろうとします。

 

ギュウギュウ詰めの満員電車のように、
どうにかして靴の中に入り続けようとします。

 

だから、親指が人差し指側へ曲がって、
極端な外反母趾が誕生するんですね。

 

逆に、小指が薬指側にめりこむ、
内反小趾という状態になる方もいます。

 

外反母趾や内反小趾を治すためには、
ダランとなってしまった足そのものを治すこと、
足のアーチを整えることが重要になります。

 

どれだけ外反母趾や内反母趾に治療を加えても、
足のアーチが治らなければ、再発しますよ。

ねんざの痛みでお困りのあなたへ