捻挫は、押すと痛いものですか?

捻挫は、押すと痛いものですか?

捻挫は、押すと痛いものですか?

 

捻挫は、患部を押すと痛みが出ます。

 

ただし極端な激痛というのは少なくて、
ある程度我慢できるレベルの痛みが出ます。

 

押して発生する痛みよりも、
動かしたり伸ばしたりしたときのほうが、
痛みが強く出るのが特徴です。

 

骨折やその他の怪我の場合は、
押せばかなり激痛になりますし、
遠くから叩いても激痛が発生します。

 

ねんざの場合は、押すとたしかに痛みが出ますが、
それ以上に関節をひねる・伸ばす動きを行うと、
強烈な痛みが発生しますよ。

 

中には押してもまったく痛みが出ないのに、
ひねると激痛になる患者さんもいらっしゃいます。

 

ひねったことによって発生する怪我ですから、
その動きを再現することによって、
強烈な痛みが出てくるんですね。

 

だから「押しても痛くないから捻挫じゃない!!」
というのは、大きな間違いになってしまいます。

 

まったく押したときに痛みが出ない患者さん、
意外とたくさんいらっしゃるんですね。

 

僕も治療家になりたての頃は、
教科書にも押すと痛みが出るって書いてあったし、
本当に捻挫したのかな??と思うこともありました。

 

でも長年の経験を通じた中で、
また世界中の医学論文を読み込んだ中で、
押したときの痛みが出ない方が多いと理解しています。

 

押して痛くないから大したことのない怪我、
と思ってしまうと、実際にはとんでもないレベルの、
とんでもなく治しにくい怪我のケースも多いです。

 

ご注意を。

捻挫でお困りのあなたへ