捻挫と筋肉痛は関係ありますか?

捻挫と筋肉痛は関係ありますか?

捻挫と筋肉痛は関係ありますか?

 

ねんざと筋肉痛は関係性が深いですよ。

 

捻挫している部分には、
筋肉が必ず通っていきます。

 

足首の関節部分にも、
手首の関節部分にも、
関節の上を筋肉が通過しています。

 

グキッとひねってしまうと、
関節や筋肉にダメージが発生して、
症状が出てくるようになります。

 

関節を痛みの震源地にして、
周囲の筋肉に痛みが伝わっていくと、
他の筋肉にもダメージが広がっていきます。

 

すると筋肉痛のような症状が発生します。

 

足首を捻挫したはずなのに、
太ももやふくらはぎに筋肉痛が出て、
歩きにくくなってしまうことは多いです。

 

手首を捻挫したはずなのに、
腕全体がダルくなってしまったり、
背中や腰の痛みが出てくることがあります。

 

ねんざは関節の怪我ですが、
筋肉にも大きな影響を与えます。

 

しかも重要なのが、関節を治すだけだと
治りが非常に悪い怪我だということ。

 

症状が広がっていった筋肉を改善すること、
筋肉痛のような症状を回復させること、
これが非常に重要な部分なんです。

 

捻挫がなかなか治らないという方は、
筋肉の治療がされていないケースが多いです。

 

ただの後遺症ではなくて、
治療しなければならない
とても重要なポイントですよ。

ねんざの痛みでお困りのあなたへ