捻挫 治療 改善

捻挫でお困りの方のための情報サイトです。

 

当サイトをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。

 

このサイトでは捻挫に関する情報をまとめていきます。

 

捻挫は、とても強い痛みを出す怪我であるにもかかわらず、
一般の方のイメージが「軽い」感じを持たれているようです。

 

骨折や脱臼は、大怪我と認識されているのに、
捻挫は、軽い怪我だと認識されていることが多いです。

 

ものすごくダメージが大きい怪我なのに、
しっかりと治さなければならない怪我なのに、
いろいろな後遺症を引き起こすタイプの怪我なのに、

 

軽い怪我だと思われていて、
治療を受けない方も多くいらっしゃいます。

 

 

でも捻挫は、ありえないほど大きな怪我です。

 

 

関節がグラグラになることもあるし、
骨が変形することもあります。

 

しっかりと治療をしておかなければ、
確実にその後の人生に大きな影響を及ぼします。

 

 

僕は十数年にわたって接骨院や治療院など、
さまざまな医療類似機関を経営し続けていて、
治療家としても毎日、患者さんと接し続けています。

 

十数年前から「ねんざ=軽い怪我」「ねんざ=足首の怪我」
というイメージを持たれてしまっているようで、
マスコミの情報操作が入っているような気がしてなりません。

 

もしくは、昔の根性のことだけを考えていたような、
捻挫なんか怪我に入らないと言っているような、
適当な無知識の人の考えが広がっているのかもしれません。

 

無知識の人の考えが広がっているからこそ、
本当に困っている方が急増していると思います。

 

 

このサイトでは、本当に捻挫で困っている方のために、
捻挫に関するさまざまな情報をまとめていきます。

 

適当な治療を受けていても治りませんし、
痛みがいつまでも残り続けてしまいます。

 

残念なことに、湿布を軽く見ているのは、
一般の患者さんだけではなくて、
医療者の中にもいますので注意が必要です。

 

僕は、何人も医療機関の適当な治療によって、
関節がボロボロになって動かせなくなった方を見てきました。

 

病院でも接骨院でも、
捻挫を軽く見ているところは存在します。

 

ご自身でしっかりと知識を身につけて頂いて、
痛みを残さないライフスタイルを送ってくださいね。

ねんざの痛みでお困りのあなたへ